• トップ
  • 遺品整理の料金がよくわかるガイド。孤独死現場やゴミ屋敷でもOK

遺品整理についての費用が良くわかる徹底ガイド 

遺品整理や特殊清掃のサービス内容&料金

遺品整理や清掃料金の決まり方

遺品整理だけに限らずお片付けや清掃に関する費用を徹底ガイド、このページを見ればまごのての業務全般の料金がすべてわかります。

作業前の料金確約書交付!

こんな当たり前のことを何故書く必要があるのか?それはあまりにも完了後の吊り上げ請求が多いからに他なりません。
いくら安い価格を提示されようが完了後に上げられたのではたまったものではありません。
だから、まごのてでは事前に料金確約書を発行するのです。

 

【部屋の大きさから読み取る遺品整理料金】

1K~1DK:40,000円~190,000円
1LDK~2DK:70,000円~250,000円
3DK~4LDK:120,000円~600,000円
5LDK~:250,000円~2,000,000円 


作業費:25,000円~75,000円/1室 トラック経費:15,000円~
処分費:130円/Kg ※特殊な廃棄物除く リサイクル家電:6,000円/1品

※選別、仕分け、搬出、処分などすべてを含みます。
また料金提示の際には内訳を明示し、不明朗な部分がないようにいたします。

全体量や仕上げ方法によって変動しますが、決して安くはありません。
また、ゴミ屋敷化していても全く問題ありません。

 

遺品整理料金の実例

ゴミ屋敷化していた1LDKマンションの遺品整理

ゴミ屋敷化しているけど大丈夫ですか?とのことでしたがまごのてでは全然問題ありません!このような中からでもちゃんと探し出します。

遺品整理の実例

この例ではすでに貴重品捜索は済み、必要と思うものは全て発見したということでしたが私たちはその言葉を信用しません。
たとえこのように言っていても探し忘れやチェック漏れが高確率であります。事実この現場でも相当な金銭が発見されました。

遺品整理でお金を発見
 
この部屋の施工費は320,000円でした。
 

遺品整理をご利用いただいたお客様の声

1年前に父が亡くなりまして自宅の書類関係などを時間があるときに少しずつやっていたのですが、これでは全然進まないと感じ業者を探したのです。
自己所有の家でしたし、当面そのままでもよかったのですが自分の中でも早く区切りを付けたかったこともあります。
以前テレビで見たことがあったのと、女性スタッフが多いということもあり見積もりのご連絡をさせていただきました。

見積時点で担当の方がこういうところはチェックしましたか?と話しながら開けた場所になんと1年近く探し出せなかった書類を発見しました!

一応他の遺品整理業者にも見積は取ったのですが、まごのてさんは正直他より高かったです。ですがこのような作業は価格で決めるものじゃないと妻と話し依頼をしました。

作業当日は大型家具も多かったため、男性スタッフがまるで引越のように通路の養生をし、中で女性のスタッフさんが選別を終わったタンスなどをどんどん運び出し→指示をし、本当にあっという間に終わりました。

必要な書類や印鑑なども見つかりましたが、何より嬉しかったのは私が小学生の頃に書いた父の日に贈った下手くそな絵ですね。
 
遺品整理で見つけることができる親の気持ち

激安を謳う遺品整理業者はしっかり見極めを!

このサイトも含めまごのての保有するサイトへの流入キーワードで『激安 遺品整理』『激安 部屋の片付け』『激安 清掃』などいわゆる価格重視で業者選びをしている方が一定数おられます。
それ自体は何ら悪いことではないですし遺品整理自体そんなに安いものではありませんから消費活動の一環として安さを求める気持ちは当然あると思います。

ただその気持ちが前面に出過ぎて冷静な判断を失い結局痛い目に遭ってる方をたくさんみてきました。

このサイトにも正しい
遺品整理業者の選び方を記載していますし、まごのてのYouTubeチャンネルでも詳しくご説明していますので是非ごらんください。

大切な人の遺品整理を激安のみにとらわれてチョイスしようとしてる考えをもう一度見直していただきたいと考えます。

孤独死現場や自殺のあった部屋の特殊清掃料金

特殊清掃の料金

特殊清掃一次処理

孤独死の場合:3~10万円
自殺の場合:3~15万円

<特殊清掃一次処理のご説明>
弊社では孤独死などが発生し、部屋が相当汚れたり異臭を周囲に振り撒いてる場合は本格的な処理は後にし、とりあえず目の前の臭いを止め、害虫を駆除し、遺体痕を清掃し、近隣への被害を止めることと、関係者や遺族が入室できるようにする処理です。

東京23区内であれば最短60分でお伺いし施工します、その他の地域でも概ね最短90~120分以内に施工可能な体制を整えています。

遺体痕防臭処理

3~40万円

遺体痕はその場だけに留まらず床下にも広範囲に染みこむ場合があります、臭い粒子も壁材などに染みこんでます。
これら臭いの元となる遺体痕の除去、消毒、消臭を行う作業です。

一次処理時に想定される状況や今後必要な作業と金額をご案内いたします。

詳しくはまごのての特殊清掃サイトをご覧ください。
 

 

ゴミ屋敷化した部屋を片付ける料金

ゴミ屋敷片付けの料金プラン

◆1部屋あたりの作業料相場 25,000円~150,000円 ※輸送費別途
   ごみ処分料130円/1Kg
※特殊な廃棄物は別途費用が必要になります。
※※処分委託会社((株)オネスト、(株)東京紙業、(株)野口興業)

◆その他清掃について

  • 水回りクリーニング一式 30,000円~
  • 収納整理 50,000円~/1室 オゾン除菌7,000円~
     

詳しくはまごのてのゴミ屋敷片付けのサイトをご覧ください。 

貴重品や思い出の物を全力を尽くして探し出します!

遺品整理は故人が遺族に与えてくれた最後のイベントです。しかも遺品整理を業者に依頼するという選択をされてるのですから、何も出ないはずがありません。
下世話な言い方をすれば、金品や証券類が出れば誰だって嬉しいに決まっています。
それはそれで重要なことですが、それ以外にも必ず大切なモノを発見しお渡しいたします。

また、一応全てのチェックは済ませまましたと言って依頼される方も多いのですが、そんな場合でも半数近く何かが発見されます。
単純に見落としなんですが、一般の方だと見落として当然という所にあるものなんです。それが何であったかはサイト上では書けませんが、高確率で探し出すことができる。このことがプロである所以です。

 

突然親が亡くなった!いったい何を持ってるの?

遺族が行うべき遺品整理の実際

どんな資産が残されてるのか、どこに何を置いてるのか知らされてないまま亡くなった場合はどうすればいいのでしょうか?

遺品整理の時に偶然発見されるのを待つしかないのでしょうか?
ご安心ください、現金や有価証券類であれば事前に調べることが可能です、心当たりがある場合はぜひ一度調べてみてはいかがでしょうか?

1.現預金

通帳やキャッシュカードのある銀行に照会を依頼する、通帳を記帳するなどの方法で確認が可能です。
最近は通帳などがないネットバンクもありますので、それらしいメールがないかチェックすることも忘れずに行いましょう。

2.生命保険

どこの会社のどの営業所かわかる場合や証券が見つかれば早いですが、契約があったのかすらわからない場合は生命保険協会生活相談所で照会が可能です。※ただし共済は不可

3.損害保険

これも生命保険と同じく日本損害保険協会そんぽADRセンターで紹介が可能です。

4.株式などの有価証券

どこの証券会社と取引があったか照会が可能です。
証券保管振替機構

5.不動産

具体的な住所がわかっていれば法務局登記情報提供サービスで照会できます。
地番が不明で市町村までしかわからない場合は当該市町村の課税台帳から照会が可能ですが、こっそり縁もゆかりもない土地に所有していた場合は固定資産税の納付書が来るまでわからないこともあります。
※共有名義で納税義務者が他の方だった場合は調べがつかない可能性もあります。

6.借金

郵便物などである程度わかるかもしれませんが、家族に内緒で多額の借り入れをしていたという例も過去にはありました、もし気になるようでしたら各信用情報機関で照会が可能です。

CIC(シーアイシー)
JICC(ジェイアイシーシー)
全国銀行業協会

CICは消費者金融やクレジットカード会社が加盟してますのでCICのみの開示でほぼ大丈夫ですが、まれにCICに加盟していないカード会社もありますのでJICCも開示すれば万全です。
銀行の場合は融資形態によりJICCにも登録することもあるようです、また逆にこれらの機関に登録しない銀行取引もありますので注意が必要です。
 

面倒な各種照会の代行も可能です

上記各機関の照会をまごのての顧問弁護士が代行します、着手料や事前の契約などは必要ありません。
詳しくはお問合せください。

遺品整理作業では貴重品の捜索を全力で行います

遺品整理は故人から与えられた最後のイベントのようなもの

遺品整理はいわば故人の人生の総決算です。
思い出の物や貴重品はもちろんご家族にしかわからない物も発見されます。中には笑いあり涙あり、たまには怒りもあり、まさに最後の一瞬に凝縮された一大イベントです。

ですからお客様にも「遺品整理をするんだ」という気持ちを固めていただきたいのです。
その気持ちを汲み取った上でどんな作業をすべきか、何を探すべきかを考えご提案します。「全部ゴミだから捨ててくれ!」これは遺品整理ではなくただの粗大ゴミ処分です。


遺品整理はラストショーである

遺品の合同供養とお焚き上げ

現在のお住いの関係でどうしても持って帰ることができない物は月1回の供養を行い、その後お焚き上げを行います。
性質上あまり大きな物や家電や工具ななどは難しいですが仏壇や神棚、人形、アルバムなどはこのような処理を選択される方が多いです。


遺品のお焚き上げ

 

遺品整理後はキレイに返せるように、また住めるように

完全仕上げがまごのてク遺品整理オリティ

まごのてではどんな作業においてもこの仕上げを重要視しています。
遺品整理後の次の場面はそう多くなく賃貸であれば退去返還、自己所有であれば売却もしくはそのまま住むということになります。
気持ちの上でキチンとしたいというご要望が多く、ほとんどのお客様が水回りなどの全体清掃を希望されます。ままごのてはお掃除会社です。しかも汚部屋系クリーニングの仕上がりは各方面で定評があります。


遺品整理の仕上げはクリーニング

PAGE TOP