• トップ
  • 遺品整理で大切なのは思い出探し。そして・・・(* ̄ー ̄)v

遺品整理作業|お問合せ~着手までの流れ

お問合せ方法は3通り

1.お電話でのお問合せ(03-4405-5420
簡単なヒアリング5~10分でおおよその値段や必要な作業がわかります。


2.メールでのお問合せ
写真を添付いただくことで、より正確な概算をお出しできます。


3.LINEでお問合せ
メールと同じです

 

【現地調査】

遺品整理は大規模かつ繊細な作業が求められますので現地調査を行うほうがより正確です。
ただし必ず上記のステップを踏んでください。内容によって作業内容が異なるためです。

※お時間のない方や遠方の場合、小規模の場合は省略していただいても問題ありません。
見なければわからない等、素人業者のようなことは言いませんのでご安心ください。

作業内容や料金を吟味いただき、納得いただければ候補日をいくつかあげていただき設定いたします。

 

【遺品整理作業当日】

再度スタッフとお客様で打合せを行います。その後開始となります。
遺品整理の場合はお客様に判断を仰ぐ場面が多くございます。極力居てくださるようお願いいたします。

完了後打合せ通りの仕上がりになったかを確認いただき、料金のご精算をお願いいたします。

※クレジットカード、分割払いの場合は作業開始前の決済となります。ご了承ください。

孤独死や自殺があった部屋の遺品整理

事故物件の遺品整理を行うタイミング

孤独死や自殺があった部屋の場合ですが遺品整理や家財の撤去を先に行うことを考えてはいけません、その理由とは?

<孤独死などが起こると>

・1~3日程度で腐敗し始める。
・体液や脂肪が流れ出し部屋を汚染する。
・異臭が出始める。
・ウジやハエ、ゴキブリが発生する。

孤独死現場でウジやハエが大量発生しているので、まずそれらを処理する
ウジやハエ、ゴキブリが飛び回り、強烈な異臭がある状態で遺品整理ができると思いますか?そんな状態であったとしてもまずは遺族や関係者が貴重品等のチェックをすべきだと考えます。
たとえすべてを遺品整理業者に任せるにしても、この特殊清掃を先に行うべきです、主な理由は4つあります。

1.遺体痕を清掃し見た目の衝撃を消す。
2.周囲に迷惑をかけてる可能性のある臭いを軽減させる。
3.ウジやハエなどの害虫を駆除する。
4.飛散してるウイルスや菌を除菌し二次被害を防止する。


『まごのて』ではまず上記の状態を解消する特殊清掃一次処理を推奨しています、特殊清掃一次処理とは次のような作業です。

特殊清掃一次処理とは

孤独死などが部屋で起こった場合想像以上に部屋を汚しています、遺体は警察が引き上げますが汚れた物や血液や体液の除去や部屋の中の除菌や消臭は行いません。

遺体発見まで相当日数が経過してる場合、遺体発見まではそんなに経過していないけど汚染個所を長期間放置した場合は例外なく悪臭、ハエ、ウジが発生しその部屋のみならず隣近所にまで影響を及ぼしてる可能性があります、またそのような状況では遺族すら室内に入れません。

この状態をいち早く解消することを特殊清掃一次処理と呼んでいます。

特殊清掃一次処理の内容は下記の通りです。

1.遺体痕の洗浄
2.汚染物の除去
3.ハエやウジなどの害虫駆除
4.一次除菌消臭

 

特殊清掃一次処理の費用について

一次処理だけなら3万円から高くても10万円までです、時間も着手してしまえば1~2時間で完了します。
状況を簡単にご説明いただければすぐに機材を揃え現地に急行します、料金は作業開始前に確定金額をお知らせし開始します。
まごのてでは特殊清掃一次処理の場合は事前見積という概念はありません、現地調査に時間を割いてるぐらいならいち早く悪い状況を解消するのがお客様のためと考えるからに他なりません。


特殊清掃一次処理後 の流れ
一次処理完了時点で今後必要と思われる作業のご提案と料金提示をいたします、主には次のような作業です。

1.遺品整理や家財の撤去
2.防臭処理の必要性、必要であれば施工内容と費用
3.リフォームのご提案

賃貸住宅の遺品整理を行うタイミング

賃貸のアパートやマンションの場合は、原状回復をして返還する、という最終目的があります。

ですから、できるだけ早急に退去の意思表示をしなければいけません。
賃貸の退去予告は普通の住居用であれば、1ヵ月前に告知するようにというのが一番多いと思われます。

手続きの流れとしては、まず退去届を不動産管理会社もしくは大家さんに出し、その後遺品整理に着手しても充分間に合います。

ただし、ゴミ屋敷化していたり、住まい自体が大きくなおかつ家財も多い場合は、もう少し余裕を持ったほうがいいかもしれません。
 

実家など自己所有の家屋の遺品整理のタイミング

相続したけど住む予定もなないし、売却予定も何も決まっていないという場合も多々あるようですが、遺品整理だけは早めに行うことをオススメします。

よくあるパターンは『とりあえずそのまま』とズルズル月日だけが過ぎてしまい、空き家状態のまま放置ということがあります。

これは、将来的に治安の悪化を招いたり、知らず知らずのうちに近隣に迷惑を掛けてた、ということも多く見受けられます。

詳しくはまごのての空き家片付けのサイトをご覧ください

遺品整理後の家屋の売却

事故物件でも最短14日で現金化が可能!

孤独死があったり、元ゴミ屋敷だった場合でも物件の買取が可能です。

まごのてでは即買取ができる不動産会社数社と提携しており、地域や物件形態によりマッチする買取業者をすぐにご紹介できます。

場合によってですが、残置物やゴミなどがそのままでも買取可能です、また孤独死などが発生したが、特殊清掃費用が捻出できないという場合には即現金化できる買取業者もご紹介できます。

詳しくは、まごのて営業部までご相談ください 03-4405-4233

事故物件をそのまま買取

​​もしかしたら家族が集まれる最後の機会が遺品整理かもしれません

後悔することのない遺品整理を行うには

遺品整理作業
 
生まれ育った家や思い出の部屋で過ごせるのもあとわずかかもしれません
遺品整理はトラブルの宝庫
遺品整理を掲げる業者は多数存在しますが選び方を間違えるととんでもないことになります
遺品整理で不法投棄
遺品の盗難や不法投棄も多発しています
遺品整理 料金トラブル
作業完了後に料金のつり上げや作業を途中で止める事例も頻発
遺品整理のまごのて
遺品整理業務の実績豊富なまごのて
遺品整理実績No1
遺品整理、ゴミ屋敷片付け、特殊清掃年間実績800件超は信頼の証
特殊清掃も行います
特殊清掃もお任せください
遺品整理ならまごのて
遺品整理のことならなんでもご相談ください

PAGE TOP