• トップ
  • 嘘つき遺品整理屋、騙しの遺品整理業者を避ける方法

遺品整理で後悔しない!騙されない!

心無い遺品整理業者に遺品整理を依頼する3つのリスク

  1. 1.遺品の盗難
  2. 2.不法投棄トラブル
  3. 3.約束とは異なる高額請求

遺品整理業者の中には、特に料金が異常に安い業者の悪質業者が少なくありません。

誤って悪質業者に遺品整理を依頼してしまうと、亡くなられた方が大切にされていた遺品や形見分けしようと思っていた物が盗難されてしまうことがあります。
また処分したハズの物が、本来捨てられるべきではない場所に不法投棄されてしまい、全く関係のない第三者とトラブルになってしまうこともあります。

亡くなられた方が残した物の中には「お金では買うことが出来ない思い出」が詰まった遺品があります。
その遺品を盗まれたり、不法投棄されたりするということは、アナタの大切なあの人をないがしろにされた――侮辱されたも同然だと思いませんか?

さらに悪質業者の場合は、遺品を盗み、不法投棄するだけではなく、当初の約束とは異なる高額請求を行う場合もあります。

つまり、料金だけで遺品整理業者を選ぶと、故人の方も喜ばれないばかりか、これからを生きるアナタの負担が増えるだけのことだってあるのです。

格安遺品整理にご注意を!国民生活センターに寄せられた実際の声

亡くなった父の家にある遺品を整理してもらうため、知人に紹介された遺品整理業者に電話し、見積もりを頼んだ。現地で待ち合わせ、最初は30万円くらいと言われたのに、次々と料金が追加され、合計で約160万円になった。見積もりだけのつもりだったが、結局その日に契約した。他業者と比べて高額だと分かったので、翌日、キャンセルしたいと電話したら、手付けとして支払い済みの5万円は返せないと言われた。(60歳代 女性)

国民生活センター

上記内容は、実際に国民生活センターに寄せられた悪徳遺品整理業者による被害の一例です。
弊社にも、このような遺品整理トラブルに巻き込まれた方からご依頼を受けることがありますが、こういった被害に合わないためにも金額だけで安易に遺品整理業者を選ばないことが重要です。

悪徳遺品整理業者に近づいてはいけない

インターネットで探す良い遺品整理業者の選び方

この仕事をしていると、業者にひどい対応をされ、相談をされる方のお話しを聞く事があります。
家族が亡くなり、悲しみの中で遺品整理を決意したと思ったら騙されてしまった、、、そんな事がないように、経験を元に悪い業者の特徴を記載する事にしました。
少しでもお役に立てればと思います。

 

1.実態がはっきりしない遺品整理業者

ここ数年の傾向として、雨後の筍のように遺品整理を作業メニューに掲げる業者がが増えました、これはひとえに参入障壁が低いからですが急激に増えるということは、中にはまったくの素人や元々不用品回収を主としていた業者も混じり込んでます。

キチンとした遺品整理業者かどうか見分けるひとつの基準として、実態の有無を確認するのもひとつの方法です。

サイトやチラシに記載されてる住所をGoogleストリートビューで見てみましょう、そこに現れる建物は本当に遺品整理を行うに足りる事業所ですか?
そもそも、住所の記載がなかったり電話番号が携帯だけの遺品整理業者は初めから避けるほうが無難です。

 

2.廃棄物処理の安さを強調。処分費ゼロ、徹底分別、積み放題など


廃棄物の処理の安さを謳うところも要注意。
そもそも遺品整理を目的にしているのに『ゴミ処理の安さ』を強調する姿勢が間違ってます。

確かに遺品整理の場合は大型家具や家電も廃棄されることが多いですから、総額に占める処分費部分が意外と高額になることが多いです。

しかし、廃棄物処理費用というものは適正に処理した場合そんなに安くなるものではありません、とりわけ近年はどんどん値上がりしており、その部分を下げようと思えば不法投棄や不正処理を行うしかありません。

リサイクル家電(テレビ、冷蔵庫、洗濯機)が法定処理費用を下回っていたり、ゼロ円表記であったり、積み放題などと謳っていた場合、とりあえず疑ってみるべきです。

その他、作業費やトラック経費を無料と掲げるところもありますが、遺品整理事業で作業費やゴミ処理費用など必要な経費を無料にできることは絶対にありません、その裏には何らかの意図があると思って間違いありません。
 


最近の主流は複数から見積を取ること、これが良い業者に出会うコツであると書かれているものが多くなりました。お客様の目を養うためにも良いことだと思います。
ですが、サイトを見て選んだ複数社すべてがとんでもない業者だったらどうしますか?上記2つはサイトから読み取りやすい項目をピックアップしました、どうぞ参考にしてください。


遺品整理に必要なのは気持ちである

遺品整理を行うに足りる資格とは?

遺品整理はプロも素人も関係ないと思っています、大切な人の最後の一大イベントに接するのに優良なんとかと書いた紙切れが必要ですか?自身の親兄弟に接するような気持が一番大切なんではないでしょうか?



 

遺品整理まごのて基準!

まごのてはゴミ屋敷片付け、特殊清掃、遺品整理とこの3つが業務の根幹を成すものです。
当然それぞれに特色があり、それに応じたスキルが必要なんですが、とりわけ遺品整理に関しては社内でも特別の基準を設けてます。

まず遺品整理業務で直接お客様と接したり、室内で選別作業に携わるスタッフは社内の試験に合格しなければいけません。これは遺品整理の部分だけでも50項目にわたりかなり高水準なものです。

また、現在世の中はどんどん進歩し、常識までもが時と共に移り変わります。今は最高の知識や技術でも早ければ半年ながくても数年で劣化してしまいます。この遺品整理業務も同じで常に新しい知識や技術を会得するための研修を絶えず行い、新しい試みを取り入れたりとバージョンアップを繰り返してます。

お客様方におかれましてもご自身のニーズにマッチした遺品整理業者と出会い、思い通りのカタチになることを切に願います。

PAGE TOP